4月 28

修了公演が特別な体験に

ワガノワ・バレエ・アカデミーで開かれる夏期講習「ワガノワ・バレエ・アカデミー・サマースクール2019サンクトペテルブルグ」。


今回は、
本サマースクール最終日に開催される三週間の締めくくりの公演

「ワガノワ・サマースクール・パフォーマンス」

について、
強力なサポーターが得られたことをお伝えします。


今回のサマースクールの特別講師としてお招きする、

世界的なバレエ写真家のマーク・オリッチ氏です。

マーク氏に、この公演を全面的に撮影していただけることになりました。

これはマーク氏が撮影したディアナ・ヴィシニョーワの写真です。


この写真のように、通常はディアナ・ヴィシニョーワやウリヤーナ・ロパートキナを始め世界のトップバレエダンサーの舞台写真を撮っているマーク氏が、今回の修了公演を撮影してくださいます。

マーク氏と言えば、舞台上のダンサーを上から見下ろす角度で撮影するスタイルが有名です。
折角の機会ですので、今回の公演でもこの角度からの撮影をお願いしてみたところ、

快諾していただけました。


ワガノワ・メソッドのレッスンと写真なんて関係ないのでは?

と思う方がいらっしゃるかも知れません。


実は、アカデミー生と写真の関係は日本でイメージされるものとは異なっているかも知れません。


以前、同校で開催されたイベントのポスターをご覧ください。

このモデルは生徒です。

そして、撮影者も生徒です。

簡単に言うと、写真の撮り合いをして、一番良い出来のものを選ぶというもの。

そのポスター写真がこちら。

これに似た写真をマーク氏も撮影していました。
 
通じるものがありそうですね。


実は、バレエダンサー同士が写真を撮り合うということは珍しくなく、そういう講義の講師をマーク氏本人が頻繁に努めています。
 
バレエの美しさを写真で捉えて表現する。

それもまたバレエ表現の一部となっているのがロシアと言えそうです。


その最先端を行っているマーク氏に今回の特別講師と撮影を引き受けていただきました。

先日の教師紹介でも触れたように、マーク氏はワガノワ教授法の教師課程を修了しています。

ワガノワ・メソッドの教師と同等にバレエを理解している数少ない写真家です。


レッスンを受けて終わり、と言う域を超えて、ロシアバレエ文化の一部を肌で体験・体感していただける三週間となることは間違いありません。


そして、最後に、マーク氏に今回のレッスンと公演写真を使ってカレンダーを作っていただけないかと提案したところ、特別に作っていただけることになりました。


今回参加される方は、楽しみになさっていてください。


今回は以上です。


■オーディションへの申込み
ここをクリックしてください。

■公式メルマガへの登録
ここをクリックしてください。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です